橘玲の日々刻々 2016年11月24日

トランプ大統領誕生は
米国民衆による「反知性主義」の反乱だった
[橘玲の日々刻々]

 アメリカの政治学者チャールズ・マレーは、『階級「断絶」社会アメリカ 新上流と新下流の出現』(草思社)で1960年と2010年のアメリカを比較し、膨大な社会統計を分析することで、白人社会で大きな変化が起きていることを見出した。そのひとつが「中流の崩壊」で、グローバル化と知識社会化に適応できなくなった白人中流層が急速にニュープアに落ち込んでいるのだ。

 プアホワイトが暮らす崩壊したコミュニティをマレーは「フィッシュタウン」と名づけたが、その割合はもっとも低かった1960年代の10%から上昇しつづけ、リーマンショック前の2007年に33%になった。このフィッシュタウンは、マスメディアや知識人・専門家が気づかないうちにその後も増殖をつづけ、稀代のポピュリストであるドナルド・トランプを世界最大の権力者の座につけるという大番狂わせを演出したのだ。

特に上流層には大番狂わせだったドラルド・トランプ大統領の誕生 (PHOTO by GettyImages)

[参考記事]
●誰も予測できなかった「トランプ大統領」誕生を後押ししたあまりにも深刻な白人労働者階級の貧困化
 

 マレーは、「知識社会においては、経済格差は知能の格差である」として、知能と社会階層に強い相関関係があることを明らかにした。その分析は大統領選の背景にあるアメリカ社会の変容を知るもっとも有用な基礎資料だが、残念なことに日本ではほとんど知られていない。それはマレーが保守派の知識人で、なおかつ「人種差別主義者」のレッテルを貼られて本国アメリカでリベラルなメディアや知識人から無視されているからだ(その事情については前回の記事でかんたんに触れた)。

 そこで今回は、マレーが分析したアメリカ社会のもうひとつの社会階層である「新上流(ニューリッチ)」についても見てみよう。

20世紀末に大学の階層化が進み、「新上流階級」が生まれた

 これも前回述べたが、ビル・クリントン政権で労働長官を務めたリベラル派の経済学者ロバート・ライシュはすでに20年前に、世界的ベストセラーとなった『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ』(ダイヤモンド社)で、21世紀のアメリカ人の仕事はスペシャリスト(知識労働)とマックジョブ(マクドナルドのようなマニュアル化された単純労働)に二極化すると予言した。新上流階級を構成するのがスペシャリストすなわち専門家だが、ここでは「クリエイティブクラス」と呼ぼう(より正確には、クリエイティブクラスは芸術家などのクリエイターと、医師・弁護士などのプロフェッショナルに分かれる)。

 クリエイティブクラスが集まる新上流階級は1960年には存在していなかったが、1980年代にはテレビドラマにまで登場するようになった。「階級」と呼ぶ以上、その構成員がじゅうぶんな数に達していなければならないが、1960年のアメリカでは大学に進学できる若者はごく一部で、その卒業生が社会のなかでまとまった集団をつくることができなかった。だがじつは、この年は知識社会への決定的な分岐点だった。

 1926年に行なわれた調査によれば、アメリカの全大学卒業生の平均IQが115だったのに対し、超一流大学(コロンビア、ハーバード、プリンストン、エールなど)の学生の平均IQは117でほとんど変わらなかった。1952年になっても、ハーバードの新入生のSAT(大学進学適性試験)の「英語(日本でいう国語)」の平均点は583で、全国平均を超えてはいたものの、とりたててどうというレベルではなかった。

 だがその後、突如「革命」が起きた。1960年にハーバードの新入生の平均点は678に跳ね上がったのだ。1952年なら平均点をとれたような学生は、1960年には下位10%に入るのもやっとになった。

 マレーは1960年代に同じような現象が全米で起き、大学の階層化が進んだという。その理由は社会がゆたかになって、ふつうの若者でも(奨学金などを利用して)大学に進学できるようになったからだが、それは同時に、学歴(知能の指標)がその後の人生に大きな影響を持つと気づいたからでもあった。こうして「知識社会化」が始まった。

 20世紀末になると、この知識社会はすでに完成している。SATで上位5%以内の高校生の進学先を調べると、全大学のなかの上位41校に彼らの半数が、上位わずか10校に20%が入学していたのだ。

 こうしていまのアメリカでは、三流公立大学には全米平均レベルの学生ばかりが集まる一方、名門校には認知能力で上位10%を下回る学生など1人もおらず、大学によっては上位1%以内、場合によっては上位0.1%以内の学生がうようよいるところもあるとマレーはいう。

 そしてこれが優秀な学生に出会いの場を提供し、学歴同類婚(選択結婚)を増やすことで、アメリカ社会の「知能による分断」を固定化したのだ。

「あたまのいい子どもは孤独だから」同類婚が増え、新上流階級が生まれた

 新上流階級はどのように形成されたのか。マレーは、「あたまのいい子どもは孤独だからだ」という。

 青春ものの映画やテレビを見ればわかるように、アメリカの学校においてもっとも人気のある男の子はアメリカンフットボールのクォーターバックで、女の子は(金髪の)チアガールだ。コンピュータのプログラムが書けたり、詩や小説の古典について語れるからといって尊敬されることは「ぜったいに」ない。

 ハーバード大学ロースクールを出て企業弁護士になったのち、「内向的」なアメリカ人のためのコンサルタントに転身したスーザン・ケインは、子どもの頃は読書が大好きな女の子だった。ニューヨーク・ブルックリンでユダヤ教の博学なラビだった祖父を中心にして、ケインの家では、日曜の午後になると家族全員が本を持って書斎に集まった。家族のぬくもりに包まれながら、頭のなかで冒険の国を自由に飛び回るのは素晴らしい体験だったが、美しい子ども時代は突然、終わりを告げる。ケインはその体験をこう語っている(『内向型人間の時代』講談社)。

 思春期を前にして、私は読書が好きなせいで友人から「仲間はずれ」にされるのではないかと心配になった。その心配は、サマーキャンプへ行った10歳のときに確信に変わった。眼鏡をかけて賢そうな顔をした女の子が、大事なキャンプの初日に本を読んでいてばかりいるという理由で、それっきり昼も夜もずっとのけ者にされたのを見たのだ。じつは私も本を読みたかったけれど、持ってきたペーパーバックをスーツケースの奥にしまい込んだ(本が私を求めているのに見捨ててしまったような気持ちになって、罪の意識を強く感じた)。本を読みつづけた女の子が内気な堅物のように見え、本当は自分もまったく同じなのだと気づいていた一方で、それを隠さなければならないということもわかっていた。

 ポジティブで外向的であることが成功への最低条件とされるアメリカで、内向的な性格の若者はものすごく生きづらい。このような「孤独であまたのいい若者」が、同じような境遇の異性に出会ったら互いに強烈に惹かれあうだろう。そして1980年代のアメリカは、彼らに出会いの場を提供した。大学教育の普及によって「頭のいい若者」が特定の大学に集まるようになり、そこで自分の同類を見つけることになったのだ。

 このようにして、あたまのいい男の子があたまのいい女の子と結婚し、子どもをつくるようになった。これが、知識社会において新しい「上流階級」が生まれる基礎になった。

 これについては人口動態調査に基づいた社会学者の研究もあって、1940年から2003年にかけての動向を調べたところ、教育段階の両端で同じ学歴の者同士の同類婚が増えていることがわかった。すなわち、大卒者は大卒者と、高校中退者は高校中退者と結婚するのだ。その結果、1960年にはどちらも大学卒という組み合わせは全米のカップルのわずか3%だったが、2010年には25%まで増えた。

 認知能力が似た者同士が夫婦になるのは打算のためではない。新上流階級と新下級階級の分離がいったん固定化すると、両者は異なるサブカルチャーを持つようになる。ようするに、(新上流階級と新下級階級は)いっしょにいても楽しくないのだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。