ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル再び上昇基調、米指標好調で利上げペース加速との観測=NY市場

2016年11月23日

[ニューヨーク 22日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、朝方発表された10月の米中古住宅販売が好調だったことで、12月の利上げ観測に加え来年は一段の引き締めが行われるとの見方が台頭し、ドルが再び上昇基調を回復した。

10月の米中古住宅販売は前月比2%増の年率560万戸と、2007年2月以来の高水準となった。これを受けドルは対円でこの日の高値に上昇。ドル指数も上昇に転じた。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)のチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は、「インフレが高進するとの観測のほか、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが加速するとの見方が引き続きドル相場の追い風になる」と指摘。スコシアバンクはFRBが金融引き締めを継続し、2018年末にはフェデラルファンド(FF)金利誘導目標の上限は2%に引き上げられるとの見方を示している。

終盤の取引でドル/円<JPY=>は0.4%高の111.18円。日本時間22日朝に福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生し、福島県と宮城県に津波警報が発令されたことを受け、オーバーナイトの取引ではドルが売られ、安全資産としての円が買われる動きも出ていた。

終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は101.07と、ほぼ横ばい。 ユーロ/ドル<EUR=>は1.0622ドルとやや下落、前週に付けた約1年ぶりの安値近辺で推移している。

ドル/円 NY終値 111.02/111.10

始値 110.75

高値 111.35

安値 110.78

ユーロ/ドル NY終値 1.0622/1.0626

始値 1.0628

高値 1.0638

安値 1.0585

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧