ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国株は連日の最高値更新、ダウ初の1万9000ドル超え

2016年11月23日

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国株式市場は続伸して取引を終えた。主要3指数が連日で過去最高値を更新し、ダウ平均<.DJI>は史上初めて1万9000ドルを超えた。SP500種の終値は2200を上回った。

SP500種の通信株指数<.SPLRCL>は約2.1%、一般消費財株<.SPLRCD>も1.2%の上昇となった。中・小型株が中心のラッセル2000種指数<.RUT>も終値の最高値を更新した。

8日の米大統領選の終了後、株価はほぼ上り基調で推移している。トランプ次期米大統領が掲げる大型減税や大規模なインフラ投資、規制緩和が金融や工業、ヘルスケア部門の業績に寄与するとの期待がある。

ニューヨークのボストン・プライベートウェルスでチーフ・マーケットストラテジストを務めるロバート・パブリック氏は「先週は株価が落ち着いたが、売り圧力が強まることにはならなかった。再び買いが入った」と述べた。

主要3指数は取引時間中の最高値も軒並み更新した。ダウ平均は1万7000ドルから1万8000ドルまで121営業日で到達したが、そこからはこう着状態が続き、1万9000ドル到達には483営業日を要した。年初からダウ平均は約9.2%、SP500種は約7.8%上昇している。

SP500種の一般消費財株では、1ドルショップのチェーンを展開するダラー・ツリー<DLTR.O>が8.2%高と上昇率が最も大きかった。四半期の利益が予想を上回ったことが好感された。

米大統領選後に上昇を続けたヘルスケア株<.SPXHC>は約1.4%の下落。四半期決算の売り上げがさえず、年間の収益予想を引き下げた医療機器大手メドトロニック<MDT.N>が8.7%の急落となった。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は2.36対1だった。ナスダックも1.64対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約73億株で、直近20営業日の平均である81億株を下回った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧