ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米鉄鋼協会が政権移行チームと接触、貿易保護策強化を要請か

2016年11月24日

[ロンドン/シカゴ 23日 ロイター] - 米鉄鋼協会(AISI)はトランプ次期米大統領の政権移行チームと大統領選以降接触していることを明らかにした。話し合いの詳細は明らかになっていないが、鉄鋼業界は新政権に貿易保護策の強化を求めているとみられる。

同協会の広報担当者、リサ・ハリソン氏は「政権移行チームとは選挙前にまず話をして、選挙後も話し合いを継続している」と述べた。同協会のメンバーにはアルセロール・ミタル・USA<ISPA.AS>、ニューコア<NUE.N>、ユナイテッド・ステーツ・スチール(USスチール)<X.N>、AKスチール・ホールディングス<AKS.N>が含まれる。

ハリソン氏は話し合いの内容や出席者については明らかにしていないが、トランプ氏の顧問を務めているニューコアの元最高経営責任者(CEO)、ダン・ディミッコ氏は鉄鋼業界の強力な支持者だと指摘した。ディミッコ氏は米通商代表部(USTR)代表の最有力候補と目されている。

ディミッコ氏はこれまで自身のブログで、世界有数の鉄鋼生産国である中国について「貿易で破壊的ないかさま行為が横行している」と批判してきた。

米国の鉄鋼貿易関係者は、業界の代表がトランプ氏の政権移行チームに保護策の強化を訴えていると確信しており、ディミッコ氏も直訴する見込みだと述べた。ただ、自動車メーカーは保護策に反発する可能性があると続けた。「最終的には猛烈な反発があるだろう。自動車メーカーは強硬に抗議するはずだ。それでも現時点で重要なのは、誰が最も強力な働きかけを行うかだ」とした。

トランプ氏が大統領選で勝利して以降、貿易保護策の強化や減税、インフラ関連支出への期待から、鉄鋼株は25%上昇している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧