ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

パリ協定不参加国、欧州は輸入関税課すべき=仏首相

2016年11月24日

[パリ 23日 ロイター] - フランスのバルス首相は23日付の仏紙レゼコーに寄稿し、地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」を批准しない国からの輸入品に欧州連合(EU)は関税をかけるべきとの見解を明らかにした。

トランプ次期米大統領は地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」からの離脱を公約している。

バルス首相は企業がパリ協定を順守しない国へ移転することを防ぐ必要があると指摘し、協定に参加しない国からの輸入品に関税を課すべきと主張した。

サルコジ元仏大統領は、米国が実際にパリ協定から離脱すれば同国からの輸入品に関税をかけるよう求めたが、ドイツとEUの欧州委員会は反対する姿勢を示している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧