ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

対北朝鮮制裁で米中が合意、ロシアは難色=外交筋

2016年11月24日

[国連 23日 ロイター] - 9月に核実験を実施した北朝鮮に対する新たな国連制裁決議案で米国と中国が合意した。ただ、ロシアの合意は得られていない。ベテラン安保理外交筋が23日明らかにした。

この外交筋は、新たな決議案を受け入れるよう中国がロシアを説得し、早ければ来週にも安保理で採決することが可能との見方を示した。

北朝鮮が9月に通算5回目となる核実験を実施して以降、米中は追加制裁について協議を進め、先ごろ安保理常任理事国に新たな決議案を提示した。

外交筋は「常任理事国は決議案での合意に極めて近付いている」と指摘し、「(決議案策定を)主導してきた米中が合意に達したことが重要であり、あとはロシアが問題だ」と語った。

別の外交筋2人も、中国が合意したのに対し、ロシアはやや難色を示しているとした。

前出のベテラン外交筋によると、新たな決議案は、北朝鮮による1月の核実験を受けて3月に採択された制裁決議の抜け穴をふさぐ内容で、北朝鮮の石炭輸出を取り締まるほか、渡航禁止や資産凍結措置の対象を拡大する。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧