ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「祖国は日本」かなわぬ夢 漂う難民申請者の子どもたち

ロイター
2016年11月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
11月22日、グルセイワク・シング(17、写真)は日本で生まれ育ったが、この国での将来を描けない袋小路に置かれている。千葉県松戸市の自宅で9月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 急速な高齢化の進展で人口が減り続ける日本。その窮状を救う一手とされるのは、海外からの労働力確保だ。11月18日、外国人技能実習制度適正化法とともに、外国人の在留資格に「介護」を新設する改正入管法が成立するなど、受け入れ拡大への動きは前進し始めたかにみえる。

 その一方で、日本に定住を求めてやってきた難民申請者には、働くこともできない不安定な暮らしを強いられる人もあり、日本で生まれた彼らの子どもたちは「祖国」での将来を描けない袋小路で漂っている。政策の壁に阻まれる家族の姿を、数十人の人々へのインタビューをもとにリポートする。

[松戸市(千葉県) 22日 ロイター] グルセイワク・シング(17)が初めて日本の法務大臣に手紙を書いたのは、10歳の時だった。それから7年近く経った今も、彼は手紙を書き続けている。正確な日本語で書かれた書簡は合わせてすでに50通を超えた。

 両親が20年近くも住み続け、自分も弟も妹も生まれ育った国である日本に、なぜ家族で定住できないのか。いつ来るともしれない拘束・収容の不安になぜ耐え続けなければならないのか。グルセイワクの手紙には、ぬぐい切れない疑問と憤りの言葉があふれている。

 「ぼくたち家族は、日本が大好きです」。2010年3月6日に千葉景子法務相(当時)に宛てた手紙の中で、グルセイワクは訴えた。「インドには帰りたくありません。ビザ(査証)もお願いします」。

 そして、今年8月、入国管理局への手紙にはこう書いている。

 「僕と僕の弟妹は日本で生まれ日本で育ってきました。それでも入管はインドに帰れと言っています。なぜ僕達3人は日本で生まれ育って来たのに親の祖国に帰らなければならないのでしょうか。我々には理由が分かりません」。

 しかし、返事が来たことは一度もない。そして、手紙に綴られた彼の願いがかなう兆しも、まだ全く見えてはいない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧