ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

シュルツ欧州議会議長、ドイツ政界復帰へ 次期首相候補の公算

2016年11月24日

[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州議会のシュルツ議長(ドイツ選出)は24日、議長任期3期目の続投は目指さず、ドイツの政界に復帰して来年9月の連邦議会(下院)選に出馬する意向を示した。

シュルツ氏は記者会見で欧州議会議長の再選は目指さず、独連邦議会選に出馬する意向を表明。ただ、シュタインマイヤー外相の後任、さらに社会民主党(SPD)の候補としてメルケル首相の後任を目指すかについてはコメントしなかった。

メルケル政権内の保守派がシュタインマイヤー外相を次期大統領に推すことで合意したことを受け、シュルツ氏が独政界に復帰するのではないかとの観測が高まっていた。複数のSDP幹部は、シュルツ氏がシュタインマイヤー氏の後任として最適との見方を示している。

世論調査ではメルケル首相の4期目当選の公算は大きいとの見方が大勢となっており、SDPは出遅れている。ただ、SDPはメルケル氏の下で大連立に参加する可能性もある。

SDPが擁立する次期首相候補として他に名前が挙がっているのはSPD党首のガブリエル副首相。ただ今週の世論調査では、メルケル氏に対抗するにはシュルツ氏の方が有利になるとの見方が示されている。

SDP幹部によると、来年1月下旬までにシュルツ氏とガブリエル氏のいずれかを候補に擁立することを決定する見通し。

シュルツ氏は60歳。ドイツ西部のアーヘン出身で、1994年に欧州議会入り。2012年から欧州議会議長を務めている。

*情報を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧