ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中米エルサルバドル沖でM7.0地震、津波警報は解除

2016年11月25日

[サンサルバドル 24日 ロイター] - 中米エルサルバドル沖の太平洋で24日、マグニチュード(M)7.0の地震が発生した。同海域にはハリケーンが接近していることもあり、地震発生直後に津波警報が発令されたが、その後解除された。

地震の規模は当初マグニチュード7.2とされていたが、その後修正された。米地質調査所(USGS)によると震源はエルサルバドルのプエルト・トリウンフォの南南西149キロメートルの海域。震源の深さは10.3キロと非常に浅かった。

太平洋津波警報センターはニカラグアとエルサルバドルの太平洋沿岸に最大1メートルの津波が押し寄せる可能性があるとして警戒を呼びかけていた。

これまでのところ、地震による被害は報告されていない。

*カテゴリーを追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧