ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

イラクで自爆攻撃、イランの巡礼者ら100人死亡 ISが声明

2016年11月25日

[バグダッド 24日 ロイター] - イラクの首都バグダッドの南方約100キロにあるヒッラーで24日、爆発物を積んだトラックによる自爆攻撃があり、約100人が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

医療関係者によると、犠牲者の大半はイランのイスラム教シーア派の巡礼者で、聖地カルバラでの行事に参加してイランに戻る途中だった。

自爆攻撃は、多くの旅行者が利用するレストランを併設するガソリンスタンドで起こった。警察当局者によると、爆発によって巡礼者用のバス5台が炎上した。

イラン外務省は攻撃を非難した上で、イラクの「テロリズムに対する絶え間ない戦い」を引き続き支援する方針を示した。

米政府も攻撃を非難。米国務省報道官は、同省がイラク当局と緊密に連絡を取り合っていると述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧