ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

物価動向に影響与える環境、改善が続いている=菅官房長官

2016年11月25日

[東京 25日 ロイター] - 菅義偉官房長官は25日午後の会見で、足元の物価動向に影響を与える環境について「改善が続いている」との認識を示した。

この日発表された10月の全国消費者物価指数(生鮮を除く)は前年比マイナス0.4%となったが、菅官房長官は「エネルギーと耐久消費財のマイナスが続いていることが影響している」との見方を示す一方、「品目全体では過半が上昇している。雇用・所得環境の改善が続く中で、経済全体の需給を示すGDPギャップは縮小する傾向にある」と指摘した。

また「4年連続でのベア実施を要請するなど経済の好循環を加速させる取り組みを進め、政府・日銀一体となってデフレ脱却に取り組んでいきたい」と語った。

(石田仁志)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧