ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

欧州委の役割から予算監視を外すべき=独連銀総裁

2016年11月25日

[ベルリン 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は、欧州委員会の極めて政治的な性質を考慮し、欧州予算の監視を委員会の役割から外すべきとの見解を示した。

25日付の独経済紙ハンデルスブラットに掲載されたインタビューで、総裁は「現在のように任務を政治的に捉える委員会が、欧州の予算監視を確実に行う役に最適だとは思わない」と語った。

その上で「ショイブレ財務相と私はともに、明らかな利益相反のない独立した機関にこの役割を移すことが最善だと確信している」と付け加えた。

総裁は欧州中央銀行(ECB)がこの任務を担うべきではないとの見方も示した。ショイブレ財務相はこれまでに、欧州安定メカニズム(ESM)が予算監視の役割を担うことが可能との考えを示している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧