ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アコーディアゴルフ、MBKが1210円でTOB 非公開化へ

2016年11月29日

[東京 29日 ロイター] - 国内最大級のゴルフ場運営会社、アコーディア・ゴルフ<2131.T>は29日、プライベート・エクイティ(PE)ファンドのMBKパートナーズによる買収を受け入れ、株式を非公開化すると発表した。アコーディアはMBKの下で大規模な設備投資を行い、ゴルフ場やブランド価値の向上なども目指す。

MBKが1株1210円でアコーディアの株式を公開買い付け(TOB)する。買収総額は負債と株式の合計で約1490億円。完了すればアコーディア株は上場廃止になる。

TOB価格は、過去3カ月間の終値平均値に約17.4%を上乗せした水準。TOB期間は11月30日から2017年1月18日までの30営業日で、すべての株式の買い付けを目指す。公開買い付け代理人は大和証券。

アコーディアの大株主で、物言う株主として著名な村上世彰氏と関係の深いファンド、レノ(9.93%保有)、野村絢氏(9.87%保有)などはTOBに賛同することで合意している。

アコーディアは2014年、保有するゴルフ場の過半を信託型のファンド(ビジネストラスト)に移管し、ゴルフ場の所有ではなく運営に注力する戦略にかじを切ってきた。MBKはこうした経営戦略のほか、アコーディアのゴルフ場の約7割がアクセスの良い都市部に所在するという立地条件にも投資妙味を見出したとみられる。

アコーディアのファイナンシャル・アドバイザーは三菱UFJ・モルガンスタンレー証券、法務アドバイザーは森・濱田松本法律事務所。

*内容を追加します。

(江本恵美)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧