ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米企業、トランプ次期大統領にキューバとの関係継続を期待

2016年11月29日

[ワシントン 28日 ロイター] - ドナルド・トランプ次期米大統領はオバマ政権によるキューバとの国交回復を覆す可能性があると主張しているが、米国の企業はトランプ氏の強硬姿勢を和らげるための説得策を模索している。キューバとの国交再断絶で多額の損害が出る恐れがあるからだ。

トランプ氏は選挙戦中、キューバとの外交関係回復は良いが、渡航や貿易の規制を緩和する前に、オバマ大統領がキューバからの譲歩をもっと厳しく求めるべきだと主張していた。

フィデル・カストロ前国家評議会議長の死去から3日後の28日、トランプ氏はツイッターで「キューバが国民やキューバ系米国民、さらには米国全体への対応を改善するつもりがないなら、キューバとの取引は打ち切る」と言明。

これに対し、キューバとの関係改善を支持する人たちは、トランプ氏が根本に立ち返り、キューバとの経済関係を維持するよう求めた。

関係者によると、キューバ事業に関心を持つ企業でつくる複数の団体は、オバマ大統領の国交回復路線を継続するようトランプ氏を説得したい考えで、新政権への呼び掛けを協議しているという。

複数の米航空会社がすでにキューバに運航しているほか、ホテル運営会社スターウッド・ホテル・アンド・リゾーツはキューバでのホテル運営に向け契約書に署名、クルーズ船運営会社カーニバル<CCL.N>はキューバへのクルーズを開始した。

キューバでのビジネスは米企業にまだ多くの利益をもたらしていないが、政策が覆された場合、米国人を潜在市場に取り込めなくなり、これまでの投資が無駄になる可能性がある。

キューバで事業を展開する大企業を顧客に持つスペインの法律事務所代表は「米国が(キューバとの)貿易規制を続け、欧州連合(EU)や中国、ロシアが貿易を拡大し続ければ、米企業の取り分はあまり残らないだろう」と話している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧