ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

前場の日経平均は小反発、イベント前で値動き乏しい

2016年11月30日

[東京 30日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比22円87銭高の1万8329円91銭と小反発した。前日の米国株高が支援材料となり、朝方は買いが先行。ただ為替が一時1ドル112円近辺までドル安/円高方向に振れると先物売りが強まり、日経平均は小幅安に転じる場面があった。その後はプラス圏を回復したものの、重要イベントを前に値動きは乏しく、小高い水準でのもみあいに終始した。

日経平均はおおむね1万8300円台前半で一進一退となった。トヨタ<7203.T>や三菱UFJ<8306.T>などコア銘柄が買われ、指数を支えたが、上値を買い進む動きは限られた。市場では「OPEC総会や週末の米雇用統計発表などを前に見極めムードが広がるなか、利益確定売りと押し目買いとの綱引きとなっている」(東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏)との声が出ていた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧