ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

全米で「最低時給15ドル」求めデモ、逮捕者多数

2016年11月30日

[ロサンゼルス/シカゴ 29日 ロイター] - 米ファストフードや空港の職員らが29日、「最低時給15ドル」への引き上げや組合の権利を求め、全米規模でデモを行った。交通を妨害したとして、多数の逮捕者が出た。ドナルド・トランプ氏が大統領に選ばれて以来、同職員らが大規模なデモを行うのは、今回が初めて。

複数の主要都市で米ファストフードチェーン大手マクドナルドが標的になった。シカゴのオヘア国際空港やボストンのローガン国際空港の荷物係と清掃員も「最低時給15ドル」を求めてデモに参加したが、空港当局によると、運航に支障はなかったという。

ニューヨークのズコッティ公園には、200人以上のデモ参加者が集まり、太鼓をたたいたりスローガンを唱えたりした。マクドナルドの近くでラッシュアワーに交通を妨害したとして十数人が逮捕された。

 「私たちは、生きるために最低の賃金を求めているだけ」と、抗議に参加したガイアナからの移民、アルビン・メジャーさん(50)は語った。米ヤム・ブランズ傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)で働いているが、4人の子供と病気の妻を抱え、「請求書を払うのがやっと」の状態だという。

また、ロサンゼルス国際空港で荷物運搬係を務めるアンディ・エルナンデスさん(26)は、「目標は時給15ドルに福祉手当付き」と述べた。

警察やメディアによると、シカゴ地域で55人、マサチューセッツ州ケンブリッジで34人、デトロイトで39人、ロサンゼルスで40人など、複数の都市で多数の逮捕者が出た。

ニューオーリンズとテネシー州メンフィスでは、小規模なデモはあったが、逮捕者はいなかったという。

*一部サイトで正しく表示されなかったため、写真を差し替えて再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧