ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国企業へのサイバー攻撃、2年間で約10倍に=PwC調査

2016年11月30日

[香港 29日 ロイター] - 中国本土と香港で企業に検知されたサイバー攻撃の平均回数が2014─16年に969%増加したとの調査結果を、コンサルタント大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が公表した。

中国を拠点とする440社から回答を得た。1日当たりの平均攻撃数は7回以上で、世界平均(約13回)の約半数だった。

世界のサイバー攻撃の平均回数は過去2年で3%減り、2015年以降は30%減少している。

中国でサイバー攻撃が急増している一因に、家電や自動車などあらゆるモノをインターネットでつなぐ「モノのインターネット(IoT)」の急速な普及があるとみられる。

PwC香港の担当者は、「IoTのデバイスは一般的にサイバーセキュリティーに注意を払っていない」と指摘。こうしたデバイスがサイバー攻撃の主要なターゲットになっていると述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧