ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
残業ゼロがすべてを解決する
【第16回】 2016年12月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇

残業改革での
チャットワークの
メリット・デメリット

previous page
2
nextpage

 ところがデータで資料を持っていれば、簡単に検索できるので時間を節約できます。
 会社に変化をもたらすには、他業界で常識になっていることを、自分の業界でいち早く取り組んで結果を出すことが重要です。

 他業界で実績が出ているものをそのままマネする。
 0を1にすることは困難ですが、1を2や3にすることはできます。
マネは最高の創造です。愚直にマネをして3年も続けたら、それはもうオリジナルです。

チャットワーク導入がデメリットになるとき

 群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、長野県で薬局を運営する株式会社フラント(群馬県/薬局運営・富士薬局グループ)も、チャットワークを導入し、業務の効率化を図っています。

 石塚雅彦社長は、「社員が節度を持って書き込みをするように」と、経営計画書に「22時半から6時までは、チャットワークの書き込みを禁止する」と明文化しています。

 「チャットワークを使うと情報が見える化でき、仕事の流れを議事録的に記録できるので、現場の状況を把握しやすくなります。でも、いつでもどこでも書き込めるメリットが、ときにデメリットになることもあると感じたことがありました。
 あるスタッフが、夜中の1時や2時に書き込みをしていた。他の社員は寝ている時間に彼が書き込む内容は、会社への不満のようなもので、建設的な内容ではありません。夜中に起こされたうえにネガティブな内容を読まされるから、気が滅入ります。
 彼は結局、会社を辞めましたが、このことを機に、チャットワークの使い方に制約を設けることにしました。昨年は、『22時半から6時までは禁止』でしたが、今年からは『22時から禁止』。今後も短くしていくことを考えています」(石塚社長)

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



残業ゼロがすべてを解決する

劇的な生産性アップにより、たった2年強で1.5億円の人件費削減!平均残業時間56.9%減、売上アップ率123.8%!なぜ、残業が激減したのに、過去最高益を更新したのか?●椅子なし●iPadで空中戦●モニタリングカメラ●企画書はテキトーなどの「残業ゼロ施策」で一石七鳥の効果! (1)過去最高売上・最高益更新 (2)劇的な生産性アップで人件費激減 (3)モチベーションアップで社内活性化 (4)ダラダラ社員がキビキビ動く (5)新卒採用で最大の武器になる (6)社員が辞めない会社に変わる (7)明るく健康で家庭円満になる!これからの時代、社員の犠牲の上での経営は成り立ちません。人を大切にする会社だけが生き残ります!全国32社の事例と社員・パートの声も収録!再現性が担保された一冊!「超ブラック企業」が「超ホワイト企業」に変わった奇跡とは?

「残業ゼロがすべてを解決する」

⇒バックナンバー一覧