ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英金融システム、EU離脱で困難に直面する可能性=中銀

2016年11月30日

[ロンドン 30日 ロイター] - 英イングランド銀行(中央銀行)は金融安定報告を公表し、欧州連合(EU)離脱や米大統領選挙などの要因で国内の金融システムは「困難」に直面する可能性があるとの見方を示した。

EU離脱に向けた手続きがどの程度円滑に進むかや、EU内のビジネスが英金融サービスへのアクセスを維持できるかなどが、今後の状況を左右すると指摘。EU内企業が英金融サービスへのアクセスを失えば、英国とEU双方の経済にとって打撃になるとの見方を示した。

EU離脱を決めた6月の国民投票を受け、金融安定がリスクにさらされる可能性は依然として高いと指摘した。

さらに、米大統領選後に世界の資産価格は大幅に変動したと指摘。「先進国の国債利回りの上昇は、世界貿易縮小のリスクと相まって、高水準の債務を抱える新興国市場経済に関連した脆弱(ぜいじゃく)性を高めた」との見方を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧