ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

OPEC、減産合意に近づいている=サウジ・エネルギー相

2016年11月30日

[30日 ロイター] - サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は30日、石油輸出国機構(OPEC)が減産合意に近づいていると述べた。また、イランの原油生産を制裁発動前の水準で凍結することは問題ないとの見解を示した。

サウジはここ数週間、イランが減産に全面的に参加すべきだと主張していたことから、同相の発言はサウジによる妥協と受け止めることもできる。

同相はまた、OPECは生産上限を日量3250万バレルに引き下げることに焦点を置いていると述べた。

このほか、OPECが合意に達しなくても、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が緩やかに正しい方向に進んでいることから市場はゆっくりと回復すると述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧