ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「近い将来の」利上げを支持=米ダラス連銀総裁

2016年12月1日

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は30日、「近い将来の」利上げを支持すると述べた。

同総裁は記者団に対し、9月と11月初旬の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定することに異論はなかったとし、「自分自身の見解は変わっていない。近い将来に緩和策の一部を解消する必要がある時期に来ていると考えている」と述べた。

同総裁はこの日これに先立ち、FRBの物価と雇用の目標達成に向け経済が進展し続ければ、来年の利上げに向け一段の行動を起こすことを主張すると述べていた。

先物市場は、FRBが12月のFOMCで0.25%ポイントの利上げに踏み切る確率が90%であることを織り込む水準で推移している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧