ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

原油が一時10%急伸、OPEC減産合意でブレント清算値50ドル台

2016年12月1日

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 30日のニューヨーク原油市場で、米原油先物が一時10%上昇し、北海ブレント先物は1バレル=50ドルを突破した。石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりの減産で合意したことが好感された。

OPECは産油量を日量3250万バレルに減らすことで合意。クウェート、ベネズエラ、アルジェリアが合意の順守状況を監視することも決まった。

さらにOPEC非加盟の主要産油国ロシアも、生産量を日量30万バレル削減することに合意した。

米原油先物(1月限)<CLc1>は4.21ドル(9.6%)高の1バレル=49.44ドル。一時10%上昇し、2月以来の大幅上昇を記録した。

北海ブレント先物(1月限)<LCOc1>は4.09ドル(8.82%)高の同50.47ドル。2月限<LCOc2>は8.9%高の51.51ドル。

原油価格は月間では5%近く上昇した。

ただ、市場には減産合意の有効性をめぐる疑問が残っており、今回の合意を受けて原油相場がさらに急伸する可能性は低い見通し。また、相場の上昇がすぐに終わる可能性を指摘する声もある。

IITrader.comのディレクター、オリバー・スロープ氏は、過去には減産合意に従わない国もあったと述べ、「どの国が今回の減産合意に従うか見極めるには時間がかかる」と指摘した。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧