ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インド7-9月成長率は加速、予想は下回る 今後は高額紙幣廃止が圧迫

2016年12月1日

[ニューデリー 30日 ロイター] - インドの7-9月期国内総生産(GDP)伸び率は前年同期比プラス7.3%となり、前四半期の7.1%から加速した。中国のプラス6.7%も上回り経済規模の大きい世界の国で最も高い成長を記録した。

ただエコノミスト予想のプラス7.5%は下回った。個人消費と政府歳出が成長を主導、資本投資はマイナス幅を拡大した。

キャピタル・エコノミクスのインドエコノミストは「政策への影響という意味では今日の発表はそれほど大きくない。政府の高額紙幣廃止の影響に既に焦点は移っている」と述べた。

インドでは現金の使用比率が高く、今回の高額紙幣廃止で流通通貨の86%が消えたことになり、企業・農民・消費者への影響は大きい。

エコノミストは今四半期はもちろん、その後数四半期に影響は及ぶとみているが、度合いを巡っての見方はまちまちだ。

ジャイトリー財務相は1-2四半期は小さな影響があるとするが、エコノミストのなかには2018年まで続くとの見通しも出ている。

今年度(4-3月)の成長率予想は、最も楽観的な見通しでは小幅減速の7.3%、最も悲観的なアンビット・キャピタルは3.5%。

クレディスイスは個人消費の90%以上は現金とみている。賃金支払いの85%は現金との別の調査もある。

なかでも建設セクターはいわゆる「闇市場」に資金調達を依存しているが、GDPに占める割合は8%で4000万人を雇用している。また鉄鋼、セメント、製造業との関係も深い。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧