ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国統計局の製造業PMI、11月は予想上回る 非製造業も上昇

2016年12月1日

[北京 1日 ロイター] - 中国国家統計局が1日発表した11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.7で、市場予想に反して前月の51.2から上昇。2014年7月以来の高水準となった。

ロイターが集計したアナリスト予想は51.0だった。

PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示す。

ANZ(香港)のグレーター・チャイナ部門チーフエコノミストのRaymond Yeung氏は「中銀は次は利下げでなく利上げを行うだろう。ただ、現在の環境は依然として非常に脆弱(ぜいじゃく)で、向こう1年間には利上げはないとみている」と述べた。

原材料価格指数は68.3と、前月の62.6から大幅上昇した。在庫は縮小した。

生産指数は53.9と、前月の53.3から上昇。

新規受注指数は53.2。前月は52.8だった。

一方、大規模な企業が引き続き中小をアウトパフォームしており、より規模の小さい企業に焦点を当てた財新/マークイットが発表した11月の中国製造業PMIは50.9と、前月の51.2から低下した。

ノムラのエコノミストはノートで「経済に短期的に弾みがついているとみているが、成長の質は悪化した可能性がある」と指摘した。

統計局が同日発表した11月の非製造業PMIは54.7で、こちらも前月の54.0から上昇し、2014年6月以来の高水準。節目の50を超え、非製造業の景況が引き続き良好であることが示された。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧