ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

OPEC減産、日本経済全体への影響見定めていく=菅官房長官

2016年12月1日

[東京 1日 ロイター] - 菅義偉官房長官は1日午前の会見で、石油輸出国機構(OPEC)が原油減産で合意したことについて、日本経済全体への影響を注視していく考えを示した。

菅官房長官はOPECの減産合意について「引き続き原油価格の推移を注視しつつ、国際的なエネルギー需給をしっかり見極めていく」とした上で、「原油価格の上昇のみならず、金融・資本市場に与える影響も含めて、日本経済全体への影響をしっかりと総合的に見定めていく」と述べた。

トランプ次期米大統領が財務長官にゴールドマン・サックス元幹部のムニューチン氏を指名すると伝えられたことについては「報道は承知している。政府としてコメントは控える」と述べるにとどめた。

(石田仁志)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧