ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドイツ、トランプ次期米大統領の経済政策を懸念=新聞

2016年12月1日

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツ経済省は、トランプ次期米大統領の政策が当初は米国の成長を押し上げるものの、中期的には成長を鈍化させる可能性を懸念している。経済紙ハンデルスブラットが1日報じた。

ハンデルスブラットが確認した経済省の内部文書によると、同省の専門家は、トランプ氏の刺激策が当初は米経済を押し上げるものの、抑制的な貿易・移民政策が経済の重しになるとの見方を示している。

経済省は報告書で、トランプ氏の政策が2019年までに「貿易に悪影響を与え始め、成長の妨げ、インフレ上昇、より抑制的な金融政策を望ましいとすることにより経済的な不均衡を引き起こす」と指摘した。

経済省の報道官はコメントを控えた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧