ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

11月仏製造業PMI改定値は51.7、輸出需要が好調

2016年12月1日

[パリ 1日 ロイター] - マークイットが1日発表した11月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.7となり、速報値の51.5から上方改定された。輸出需要が約5年ぶり高水準となった。

10月は51.8からは低下したが、景況改善・悪化の分かれ目となる 50は引き続き上回った。

マークイットのエコノミスト、アレックス・ギル氏は「仏製造業は11月に緩やかなペースで拡大した。新規受注と生産が引き続き小幅拡大した」と指摘した。

新規輸出受注は2011年5月以来の高水準となった。製造業は2月以降初めて雇用が拡大し、拡大ペースは2011年以来の高水準となった。ただ、投入価格高と販売価格の低迷で製造業の利益率は引き続き圧迫されている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧