FP花輪陽子のシンガポール移住日記
【第15回】 2016年12月5日公開(2016年12月5日更新)
バックナンバー

「FP花輪陽子のシンガポール移住日記」

著者・コラム紹介

花輪陽子

1978年、三重県生まれ。ファイナンシャル・プランナー。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、外資系の投資銀行に入行。OL時代は借金200万円の“貯まらん女”だった。新婚早々に「夫婦同時失業」というどん底を経験し現職に至る。著書に『夫婦で貯める1億円! 』(ダイヤモンド社)、『30代で1000万円貯める!共働き夫婦のマネー術』(日本経済新聞出版社)など。テレビ出演、雑誌での監修多数。

FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポールに海外移住した人気FP花輪陽子さんの新連載がスタート! 節約や貯金に詳しいFPとして「夫婦で貯める1億円!」などの著書がベストセラーとなったファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんが、夫の仕事の都合でシンガポールに移住。海外の生活や経済、子育て、マネー事情のほか、海外移住で見えてきた日本の良さや問題点を語る!

花輪陽子

シンガポールの受験戦争は、妊娠中から始まる!?
生まれてから申し込んでも入れない幼稚園の存在や
年間数百万円も学費がかかる「お受験事情」を紹介!

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。今回は、シンガポールのお受験事情を紹介します。

 世の中には、妊娠がわかったらすぐに、生まれてくる子どもを入学させる学校を探さなければならない都市や地域があります。香港が代表例ですが、シンガポールも例外ではありません。

 シンガポールで人気のローカル幼稚園の中には、長蛇のウェイティングリストが存在し、妊娠中に申し込まなければ、順番がなかなか回ってこないところもあります。インターナショナルスクール(以下、インター校)でも、スタートは3歳からなのに、3年前からウェイティングを受け付けている学校があります。

 わが家では娘が2歳になり、幼稚園(人気の園ではなく、ごく一般的な幼稚園です)に通い始めてから、ようやく落ち着いて3歳以降に入るインター校を探し始めました。その際に、3年前からウェイティングを受け付けている学校の存在を知り、とても焦りを感じました。

妊娠中や0歳のときに行動しないと
合格しないとは限らないが、早め行動が有利なのは確実

見学に行ったインター校(幼稚園)にて。さまざまな遊具が充実していました。

 しかし、色んな学校を訪問(学校によっては何度も訪問)し、アドミッションオフィス(願書の選考をする部署)の人に質問をしてわかったのですが、その学校のスタートの学年(3歳スタートなら3歳児)を目指して早めに書類を出せば、かなり高い確率で入学が可能なようです。

 どれくらい早く出す必要があるかというと、学校にもよりますが、学校スタートの1年以上前から動き始めるのがベストです。

 例えばうちの子どもの場合は、2017年8月の学校スタート時から、3歳クラスに入学したいと考えています。そのため、2016年8月に学校訪問をし、すぐに「登録料」(学校にもよりますが、高いところは20万円前後で返還不可の場合も)を支払って申込みし、必要書類(身分証明書の他に子どもの成績表や推薦状や学校からの質問状への記入など)を2016年秋に送りました。一時募集、二次募集、三次募集などをかけている学校も多く、書類は一時募集で送ったほうが有利です。

 ポイントは、「その学校が生徒を受け入れる最初の年に、同時に応募するのが狙い目」ということです。3歳から開始であれば、3歳枠で数十名から百数名など、かなり大人数の募集をするからです。次の年以降は3歳枠で入った人が持ち上がるために、辞める人がいないと新たに入れません。

 シンガポールは世界のあちこちを飛び回っているビジネスマンが集っているので、学校の転出入は珍しいことではありません。しかし、人気のインター校だと、出て行く人以上に入りたい人が多いために、何年も待たなければならない場合も多いのです。途中入園がしやすくなるのは、駐在員が自国に引き上げやすい、リーマンショックなどの景気後退期くらいです。

どの国の子どもでも、まだ英語力にあまり差がない
「3歳」のときが、インター校入学のベストなタイミング

 途中入園が難しいもう一つの理由として、「英語力不足」という問題が出てきます。3歳児で申し込む場合、ネイティブの子どもたちでも子どもによってはまだ英語がハッキリと話せる状態ではない子もいます。そのため、英語力を求める学校であったとしても、英語の幼児教室などである程度準備をすれば、両親が日本人の子どもの場合でもインター校に入れやすいのです。

 ところが学年が進むに従って、それぞれの母国語で複雑な会話もできるようになります。英語力の差もかなりついているために、英語力を求めるスクールにいきなり入るのは大変になるのです。

とあるインター校の図書館。子どもの遊び場のような楽しい雰囲気でした。

 具体的には英語の入学テストがあり、それにパスができないと受け入れてもらえません。学校によっては3歳児(申し込みの時点では2歳の子ども)や4歳児などに対しても英語テストが必要なところもあるようです。

 そのため、入学時にはそれほど英語力を求めないインター校(前回紹介)などにいったん入って、補講などで英語力を鍛えてから編入という道が現実的になってくるのです。

親の英語力は「ほどほど」でもOK
日本人は「重要なお客さま」と見なされることも多い

 さて、具体的にインター校に申し込む方法や注意点などを、私がわかる範囲でお伝えさせていただきます。

 多くのインター校は、願書をホームページのフォームやメール、FAXなどで提出することができます。日本の幼稚園のように、学校に何回も足を運んだり、願書をもらうために並んだりする必要はない場合がほとんどです。

 海外赴任が決まっている人は、準備中で日本にいるときから問い合わせはできますし、書類提出も物理的には可能です(学校見学はできませんが)。なかには、学校側が日本に来て説明会を開くケースもよくあるので、そういった回に参加をしてみると学校のことがよくわかるでしょう。

 ただ、「インター校に応募するなんて、なんだかハードルが高い」と思っている人も多いかもしれません。親の英語力が見られるとも言われますが、ある程度英語ができれば(相手が話すことが概ねわかる、自分が伝えたいことをつたなくても話せるレベル)で十分なのではないかと思いました。

インター校のオープンキャンパス。学校のことを事細かに説明してもらえます。

 願書は英語で書く必要がありますが、自動翻訳やネイティブの友達の力を借りることもできます。私は前職場でアメリカ英語になじみがあったために、イギリス英語の聞き取りには苦労しました。

 学校の代表からのプレゼンテーションがあまり聞き取れないこともありましたが、担当の人にゆっくり話してもらったり、しつこく質問をしたりして何とかしのぎました。学校側もビジネスですから、顧客には丁寧に対応しますし、特に日本人は多くの学校にとって重要なお客様のようです。

願書を出す段階から高額の出費になるインター校
「教育投資」として10数年耐えられるか見極めが肝心

 願書を出すのにお金を支払う必要(学校にもよりますが、5万〜20万円前後)があり、その多くは返ってきません。複数の学校に願書を出すこともできますが、それだけ多くのお金が必要になります。

 また、受け入れが決まったら、すぐに入学金(学校にもよりますが数十万円なのが一般的)を支払わなければならないことが多く、学費の支払いも月払いではなくタームごと(年2回や3回)に支払う場合が多いので一度に100万円近くのお金がごっそりなくなることになります。

 さらに、お付き合いにもお金がかかる(クラスメイトのバースデープレゼントや先生に対してのクリスマスプレゼント、お茶代など)そうなので、子どもをインター校に入れると、よほどのお金持ちを除いては、家計がカツカツになるそうです。

 それを「教育投資」と捉えて耐え忍ぶかどうかは、判断が大きく別れるところかもしれませんね。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【Yahoo Japanカード】
年会費無料ながら、利用金額の1.0~3.0%分の
「Tポイント」が貯まる!⇒関連記事はこちら

Yahoo! JAPANカード公式サイトはこちら
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!