ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IFRSで変わる「経営」と「あなたの仕事」

「決算期の変更」を余儀無くされる場合も…
IFRSで変わる子会社の決算と仕事

野村 直秀
【第11回】 2011年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 IFRS対応の問題は、親会社のみの問題ではない。IFRSは連結財務諸表に関する財務報告基準であることから連結子会社もその影響を逃れることはできない。

 各部門別論点や主要会計基準に関する論点は本社と比べて網羅的ではないが、各種取り組みが必要だ。会計基準以外の側面でも影響があり得る。IFRSの採用に際して、社内の管理会計のルールの変更が行われたり、経理業務の実施体制やシステムがグループ全体で見直されるケースもある。

 まずは、根幹となるIFRSベースのグループ会計基準の作成に際しても連結子会社として本社の検討チームへのアドバイスや参画が求められる。さらに、作成されたグループ会計基準に対応して新たに定義された数値を収集、算定するために連結子会社内の各部門の協力をあおぎながら業務プロセスの変更やシステムの改造を期日までに完了する必要がある。

 今回は、連結子会社がIFRSに際して影響を受けると想定される大きなポイントを議論していく。この記事を子会社が親会社でのIFRS対応の取り組みに効果的かつ効率的に対処できる準備のヒントとしていただきたい。

新たに「連結子会社」になる会社も
決算の変更にどう対応すべきか

1.連結範囲上のポイント

<新たな連結対象子会社>
IFRSを採用することにより、日本基準上は連結の範囲に入っていなかった子会社が新たに連結子会社になる場合がある。新たに連結子会社になった場合には、以下の点に留意することが必要となる。 

1)IFRSベースのグループ会計基準への準拠

 IFRS採用の親会社の連結対象子会社となると、IFRSに基づいたグループ会計基準で経理処理を行うことが求められる。日本企業の子会社でこれまで連結対象ではなかった場合、基本的には現地の会社法や税法に基づく会計基準で会計処理を行い、本社が求める特定の数値(売上高や原価等)のみ必要に応じた修正を施した上で報告している場合が多いのではないであろうか。

 しかし、連結子会社となり連結パッケージを決算期ごとに迅速に本社に送付することが求められるようになると、少なくとも決算期ごとにグループ会計基準に準拠した会計数値を作成し、それに基づく各種情報を連結パッケージに記載することが必要となる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


IFRSで変わる「経営」と「あなたの仕事」

2015年又は2016年に日本の上場企業への適用義務化が提案されている国際財務基準(IFRS)。この連載では、IFRSが各部門にどのような影響を与え、それぞれの部門がどのような備えをしておけばIFRS元年を円滑に迎えることができるのか、紹介していく。

「IFRSで変わる「経営」と「あなたの仕事」」

⇒バックナンバー一覧