ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

寄り付きの日経平均は反落、円安一服で利益確定売り

2016年12月2日

[東京 2日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比77円57銭安の1万8435円55銭となり、反落して始まった。直近の急ピッチな株高や円安基調に一服感がみられたことなどを背景に、全体相場は利益確定売りが優勢となっている。

アップル<AAPL.O>が中国などでの需要縮小を理由に「iPhone(アイフォーン)7」の注文を減らしているとの報道を受け、関連する電子部品株が軟調。業種別では金属製品、水産・農林、ゴム製品などの下げが目立つ。半面、メガバンクはしっかり。トヨタ<7203.T>をはじめ自動車関連の一角も買いが先行している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧