ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アメリカン航空、来年2月からキューバ便を25%縮小へ

2016年12月2日

[ニューヨーク 1日 ロイター] - アメリカン航空グループ<AAL.O>は1日、来年2月半ばからキューバ便を約25%縮小する方針を明らかにした。航空需要の変化に基づくものだという。同社の定期便が開始して2カ月での運行縮小に、驚きの声も上がっている。

アメリカン航空は現在、マイアミ発オルギン、サンタクララ、バラデロ行きの航空便を1日2回運行しており、これを各1便とする。さらに、往復便13便を10便に減らす予定。3路線で定員を減らし、価格を引き上げることも検討している。

トランプ次期米大統領はオバマ政権によるキューバとの国交回復を覆す可能性があると主張しており、これを受けた措置との見方が出ている。一方、同社の広報担当者であるマット・ミラー氏は「純粋に、市場での競争力を維持することが目的」と述べ、「次期政権の政策に関して憶測を述べることは控える」とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧