ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルは113円後半、調整売りに押され上値が重い

2016年12月2日

[東京 2日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の113.87/89円。今夜に米雇用統計、4日にイタリアの国民投票を控え、短期筋の調整的な売りに押された。

過去2、3日で最も売られてきた円には、特に調整的な買い戻しが入りやすいとされ、ドル/円相場は朝方の高値114.20円から113.58円まで下落した。

海外勢では、対内株式投資にからむヘッジの円売りが既に一巡しているとされ、ドル/円は過去3週間に上昇エンジンの一つだった材料を失った。

ロイター調査では、米雇用統計の非農業部門雇用者数の伸びは17万5000人。「雇用統計が予想を下回っても、米金利が下がらなければ、ドルはサポートされる可能性があるものの、予想を上回った場合でも、昨日の好材料に対するドルの反応の鈍さから判断すれば、115円を大きく上回る可能性は限定的だろう」(外為アナリスト)という。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧