ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米J&Jに10億ドルの賠償支払い命令、人工股関節訴訟で

2016年12月2日

[1日 ロイター] - 米テキサス州ダラスの連邦陪審は1日、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>と傘下のデピュイ部門に対し、デピュイが製造した人工股関節で負傷したと訴えを起こした原告6人に10億ドル超の損害賠償支払いを命じる評決を下した。

陪審員はデピュイの人工股関節「ピナクル」の設計には欠陥があり、両社はそのリスクを認識しながら消費者への警告を行ったと判断した。原告側の弁護士、マーク・ラニエ氏によると、陪審員は補償的損害賠償3200万ドルと懲罰的損害賠償合わせて10億4100万ドルの支払いを命じた。

J&Jはピナクルを巡り、テキサス州連邦裁判所で8400件近くの訴訟を起こされている。同社は声明で、この評決を不服として直ちに上訴するとともに、今後の審理で自社とデピュイを守るために徹底的に抗弁する方針を示した。

今回の評決は、ピナクルをめぐる訴訟のうち3つ目の審理に対するもの。2つ目の審理では両社に5億ドルの損害賠償の支払いが命じられた。2014年の最初の審理では、両社は法的責任を免れている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧