ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国民間企業の景気エンジン加速、持続性には疑問符

ロイター
2016年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
12月1日、政府は民間投資が持ち直し、内需の好調が読み取れると楽観的だが、エコノミストは、企業は経営のかじ取りに苦心しており、景気回復は一過性で終わりそうだと警告している。写真は11月10日、中国南部の貴州省貴陽市で開催された投資・貿易フェアにて(2016年 ロイター/Shu Zhang)

[唐山/貴陽 1日 ロイター] - 中国の衛生陶器メーカー、豊華陶瓷は北部の唐山市に工場を建設中だ。2000年以降最大の設備投資で20%の増産を目論むが、雇用を増やす予定はない。売上高は徐々に回復しているが、用地や雇用面のコストが上昇し、利幅が縮小しているためだ。

 中小企業の多くは豊華陶瓷と同じようなジレンマに悩んでいる。

 政府は、今年に入って成長が安定して民間投資が持ち直し、内需の好調が読み取れると楽観的だ。しかしエコノミストは、国と結びつきの強い企業が優遇されるビジネス環境下にあって、企業は経営のかじ取りに苦心しており、景気回復は一過性で終わりそうだと警告している。

 また設備投資が上向いたとしても、全ての業種で政策当局者が期待する数千人規模の雇用が創出できるわけでもない。

 キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ジュリアン・エバンスピッチャード氏は「(景気回復を主導しているのは)成長構造の持続的変革や改革ではなく、過去の金融緩和だ」と指摘。「問題は売上高の伸びがどうなるかだが、持ち直しのペースがこれまでよりも大幅に高まることはないだろう。自分が中国企業ならば、今後数年間のマクロ経済の見通しに不安を抱くだろう」と話す。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧