ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

2016年12月2日

[モスクワ 2日 ロイター] - ロシア・エネルギー省のモロツォブ副大臣は2日、石油輸出国機構(OPEC)との間で今週合意した原油減産について、ロシアは約30年ぶりの高水準となった今年11月の生産高を減産の起算点とする考えを示した。

記者会見で副大臣は「11月の生産のピークは日量1123万1000バレル」とし「われわれの全ての合意はこの数値を基に形成されていることは明確だ」と述べた。副大臣によると、現状のままで推移すれば12月のロシアの生産高は日量1130万バレルに増えると見込まれるという。

今週まとまったロシアとOPECの2001年以来15年ぶりとなる減産合意では各国ごとの具体的な減産目標が設定され、ほぼ全てのOPEC加盟国が今年10月の生産高を基準に生産を削減することに同意した。ロシアは、原油価格下支えに向けた他の産油国との合意の一部として、2017年の前半にかけて最大で日量30万バレルの減産を徐々に実施すると約束した。

ロシアのノバク・エネルギー相は1日、記者団に対して、11ー12月の生産水準を起算点に使う方針だと語った。アゼルバイジャンやカザフスタン、メキシコ、オマーン、バーレーン、その他OPEC非加盟国も減産合意に参加する可能性があるとし、その際にはロシアと同等の日量30万バレルの減産を各国に期待すると述べた。

ロシア・エネルギー省が2日公表したデータによると、同国の11月の原油生産は平均で旧ソ連時代以来の高水準となる日量1121万バレル。10月と比べて日量で1万バレル増えた。これはロシアとOPECがアルジェリアの首都アルジェで会合を開き、生産制限で予備的に合意する前の8月と比べて日量で50万バレル多い。

11月はロシアの産油大手ルクオイル<LKOH.MM>とスルグトネフチガスが生産量を増やす一方、ロスネフチ<ROSN.MM>やガスプロムネフチ<SIBN.MM>、両社の合弁企業であるスラブネフチの生産は落ち込んだ。

ルクオイルのフェダン副社長は記者団に対し「最も大事なことは、われわれは(ロシア全体として)さらに日量20万バレルの増産を計画しているということだ。つまり、(減産分の30万バレルと合わせると)50万バレルが市場には出回らなくなる」と語った。

原油価格の値下がりにもかかわらず、ロスネフチやガスプロムネフチ、ルクオイルは今年に入って新規の油田を立ち上げ、掘削も増やしてきた。

ノバク・エネルギー相は全ての企業が減産に参加すると述べており、詳細は今月10日にもモスクワで開かれるOPEC加盟国と非加盟国の協議に向けて、来週終わりごろには最終決定されると見込まれる。

これについて、ルクオイルのフェダン副社長は、厳しい気候の下で生産量を減らすのは技術的に困難だとして、ロシアの減産は来年の第2・四半期からになるだろうと語った。

ルクオイルがどのように減産に貢献するのかと問われたフェダン副社長は「合意期間中は利益率の低い油田を止めることになるだろう」とした上で「市場が再びバランスするには1年あれば十分だ。バランスすれば、(われわれは)再稼動できる」と述べた。

*内容を追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧