ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
危機管理最前線 from リスク対策.com

インフルエンザ予防に!正しいマスクの選び方

リスク対策.com
【第23回】 2016年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
インフルエンザ流行時に、このタイプのマスクは感染症対策に効果があるか?

新型インフルエンザ感染対策にマスクを備蓄する企業は多いが、マスクの種類や正しい装着方法をしっかりと伝えている企業はどのくらいあるだろうか。

用途と違うマスクを使用したり、しっかり顔にフィットしていなければその効果は半減するという。欧米では、マスクのフィットテストを企業に義務化し、マスクを装着する従業員には毎年マスクの正しい装着方法に関する講習会などを義務付けている国が多い。

1960年代に世界で初めて現在のマスクの原型を開発したスリーエム社日本法人に、正しいマスクの使用方法について話を聞いた。(「リスク対策.com」誌2015年9月25日号掲載の記事を再掲したものです)

スリーエムジャパン安全衛生製品学術部 片岡克己主任

 現在、一般に使用されているマスクが開発されたのは1960年代の米国。当時、マスクといえば今でいうガスマスクのような、重く、苦しく、会話のしづらいものしかなかった。当時の米国スリーエムの技術者が、マスクに吸水性の高い不織布を利用することを思い立ち、主に工事現場で発生する粉じんなどから呼吸器官を防護するために開発したのが、現在のマスクの原型だ。

 「一般的に日本で『マスク』と呼ばれているものはサージカルマスク、フェイスマスクと呼ばれるもの。組織内で重要な業務に携わり、インフルエンザなどの感染リスクを少しでも減らす必要がある場合には「N95」と呼ばれる粉じんマスクが有効です」と話すのは、スリーエムジャパン安全衛生製品学術部の片岡克己主任(写真)。

 インフルエンザなどの感染の第一歩は、感染者からの“くしゃみ”“せき”や“会話”による飛沫感染だ。感染者から出される飛沫を吸い込んだり、あるいは飛沫が何かの物体に付着し、それを誰かが運ぶことによって感染は広がっていく。片岡氏は、「まず大事なことは、発生源である感染者にサージカルマスクを着用してもらい、周囲への感染スピードを遅らせること」と話す。インフルエンザなどの感染症が流行る兆しがあれば、感染しているか、していないかにかかわらずマスクをした方がより安全といえる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


危機管理最前線 from リスク対策.com

新建新聞社が発行する危機管理とBCPの専門メディア「リスク対策.com」より、防災・危機管理実務者だけでなく、一般ビジネスマンや一般家庭でも知っておくべき、防災・危機管理に関する最新情報をお届けします。

「危機管理最前線 from リスク対策.com」

⇒バックナンバー一覧