ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

7-9月期GDPギャップ、‐ 0.7%に縮小=内閣府

2016年12月5日

[東京 5日 ロイター] - 内閣府が5日公表した、7-9月の国内総生産(GDP)1次速報値と潜在的な成長力との差を示すGDPギャップはマイナス0.7%となり、4-6月期のマイナス1.1%から縮小した。

潜在成長率は4-6月の0.3%から7-9月は0.4%に加速したが、実質成長率が7-9月は前期比年率2.2%と大幅に潜在成長率を上回ったため、ギャップが縮小した。労働参加率が高まったことなどが貢献したとしている。

GDPギャップはマイナスなら供給過剰・需要過少を意味する。マイナス0.7%は消費増税前の駆け込み需要があった2014年1-3月期(プラス0.4%)以来の小ささ。

(竹本能文)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧