ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

バルス仏首相が大統領選出馬へ、左派予備選に立候補

2016年12月5日

[エブリー(フランス) 5日 ロイター] - フランスのバルス首相(54)が5日、来年4─5月の大統領選への出馬を表明した。来年1月下旬に行われる左派統一候補を選ぶ予備選に立候補する。選挙活動に専念するため、翌6日に首相を辞任する。

現職のオランド大統領は前週、大統領選への出馬断念を発表したばかり。左派への支持率が低迷するなか、バルス氏は「われわれは団結せねばならない。わたしは和解と調和のために立候補する」と語った。

バルス氏は予備選では勝利するとみられるものの、大統領選では、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首や右派候補のフランソワ・フィヨン氏を相手に厳しい戦いを強いられ、決選投票に進めない可能性が高い。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧