ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

カーター米国防長官「日本の貢献に満足」、同盟関係は強固と評価

2016年12月5日

[米軍機上 5日 ロイター] - カーター米国防長官は5日、日米同盟における日本側の貢献に満足しているとの見解を示した。トランプ次期大統領のアジア政策をめぐる懸念を和らげる考えがあるとみられる。

オバマ政権はアジアと同地域の同盟国を重視したが、トランプ次期大統領の政策はなお不透明。同氏は選挙戦で駐留費負担を増やさなければ米軍撤退の可能性もあると主張し、日本や韓国では不安が広がっていた。

カーター長官は日本に向かう機上で、「日本は米国側のコストの多くの部分を負担している。それは良いことだ」とし、「両国の同盟関係はこれまでになく強い」と強調した。カーター氏は安倍晋三首相と会談する予定。

こうした発言は日本などから歓迎されるとみられるが、次期政権の政策を代弁するものではないことから、アジア各国の懸念を和らげる効果は限定的とみられる。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧