ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

12月のユーロ圏投資家センチメント指数が低下、政治的不透明感で

2016年12月5日

[ベルリン 5日 ロイター] - 市場調査グループのセンティックスが発表した12月のユーロ圏投資家センチメント指数は、今年の最高水準だった11月の13.1から10.0に低下した。ユーロ圏の政治的な不透明感が背景。

ロイターがまとめたアナリスト予想の13.1を下回った。

センティックスは声明で「オーストリアとイタリアのほか、2017年に控える重要な選挙が不透明感の要因となっている」と指摘した。

現況指数は12.3から8.3に、期待指数は14.0から11.8に低下した。

調査は投資家1005人を対象に12月1─3日に実施された。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧