ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

イタリア、銀行救済で公的資金注入必要の可能性=オーストリア中銀総裁

2016年12月6日

[ウィーン 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は5日、イタリアが一部銀行を救済するため、株式取得を含め、公的資金を注入する必要があるかもしれないとの見解を示した。

ノボトニー総裁は記者団に対し、「ドイツやオーストリアなどの国とイタリアとの違いは、イタリアでは大規模な公的支援や国による(銀行の)買収がこれまでないことだ」と指摘した。

こうしたことから、「何らかの形で国による(銀行への)出資が必要になる可能性は排除できない」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧