ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、企業のレバレッジ上昇で構造改革急務に=米財務次官

2016年12月6日

[北京 6日 ロイター] - シーツ米財務次官(国際問題担当)は、中国で企業のレバレッジが上昇しており市場志向型の構造改革の緊急性が高まっているとの見方を示した。国有企業部門のゆがみを解消することも不均衡是正に不可欠とした。

5日夜に北京で開催された金融フォーラムでの発言で、財務省が6日発表したプレスリリースに掲載された。

米国は中国の改革案を支持するため建設的な取り組みを継続すべきだとも表明した。

シーツ次官は国際通貨基金(IMF)のデータを引用し、金融関連を除く中国企業の債務が対国内総生産(GDP)比約145%と主要国の中で高い水準にあることに言及。「企業のレバレッジ上昇は中国経済の不均衡是正が未完了であることを示しており、市場志向型の構造改革加速の緊急性が高まっていることを強調するものだ」と述べた。

その上で、こうした改革では「民間企業を犠牲にして国有企業に付与されている政府保証や金融部門支援を廃止」し、国有企業部門のゆがみを解消することが不可欠だと強調した。

中国は数年にわたり、輸出依存型経済から消費やサービス主導の経済への転換に取り組んできたが、改革は難航している。

シーツ次官は、中国経済が製造業への依存を減らしサービス産業を強化するためには、国内外の民間企業による中国サービス部門への参入を制限する「広範な障壁」を取り除くことが重要だとした。

また、資本市場の発展をさらに進め、市場が決定する為替相場への秩序ある移行に向けた条件を整える必要があると指摘した。

景気刺激策については、中国政府が今年、財政赤字の拡大を容認して内需を支える意思をある程度示したと評価しつつ、家計消費を促す一段の財政措置が必要になるとの見方を示した。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧