ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

人民元安続くとの見方強まる、当局は資本流出対策に躍起

ロイター
2016年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
12月5日、中国当局は資本流出を阻止するための対策に躍起だが、市場では人民元の下落と資本流出の循環が続くとの見方が強まっている。写真は人民元紙幣。北京で2011年3月撮影(2016年 ロイター/David Gray)

[シンガポール/ニューヨーク 5日 ロイター] - 中国当局は資本流出を阻止するための対策に躍起だが、市場では人民元の下落と資本流出の循環が続くとの見方が強まっている。

 人民元が対ドルで30%下落すると唱え続けてきた米国の著名ヘッジファンド・マネジャー、カイル・バス氏は、現在の資本流出が自身の見方を裏付けていると言う。

 バス氏はロイターに対し、「中国の資本流出は見かけ以上にひどい。だから政府はここ2ヵ月、人民元の下落を容認しているのだ。米国の金利が上昇する見通しなので、元の下落圧力は続くと考えている」と語った。

 人民元は今年に入って約6%下落し、2日時点で1ドル=6.90元弱となった。

 報道によると、朱光耀・財政次官は3日、当局が資本流出を注視していると述べた。

 複数の関係筋が2日語ったところでは、中国最大の外為銀行である中国銀行は上海で、法人顧客の外貨購入を最大100万ドルまでに制限し始めた。

 関係筋によると、中国国家外為管理局(SAFE)は従来、5000万ドル以上の海外送金について調査していたが、現在は対象を500万ドル以上に引き下げた。

 足元の人民元の下落を受けて、市場では元の売り持ちが大幅に増えている。

 米ゴールドマン・サックスは来年の推奨トレードの第2位にドル買い・人民元売りを挙げた。中国国内の人民元取引は厳しく管理されているため、オフショアの期間1年のフォワード取引を使うよう勧めている。

 米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のアジア新興国市場ポートフォリオ管理責任者、ルーク・スパジク氏は、人民元が着実に下落を続けると見ている。「大雑把に言って、毎年5─7%のペースで下落すると考えるのが妥当だ」と言う。

悪循環

 中国政府は個人の外貨購入について、年間5万ドルまでという枠を設けている。しかし多くの個人は親戚の枠を利用してより大きな額を海外送金している上、企業はインボイスの偽装を通じて巨額を海外に移し、政府にとって悩みの種となっている。

 3兆ドルを超える中国の外貨準備は10月、450億ドル以上も減った。11月の数字は7日に発表される。

 10月の減少は人民元レートの下落による部分が大きい。しかし中国人民銀行(中央銀行)上海事務所のWang Zhenying統計調査局長はインタビューで「人民元の下落が資本逃避を引き起こし、資本逃避が人民元にさらに大きな圧力を加える。従ってこの悪循環を断ち切る必要がある」と警戒感を示した。

 アナリストは、ファンダメンタルズに基づいて人民元は下落すると見ている。中国の景気が来年減速する見通しなのに加え、トランプ次期米大統領の経済政策で米金利が上昇するとの見方から、新興国通貨全般が下落している。

(Vidya Ranganathan and Jennifer Ablan記者)

 

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧