ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

豪中銀、予想通り金利据え置き 成長鈍化の懸念も

2016年12月6日

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は6日、年内最後の理事会を開き、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを予想通り、過去最低の1.50%に据え置くことを決定した。ただ理事会後に発表した声明では、弱めの経済指標が出ていることを受け、第3・四半期の成長率がマイナスになる可能性があることにも言及した。

ロイター調査では、対象となったエコノミスト64人全員が据え置きを予想していた。

中銀のロウ総裁は声明で「年間の成長率はある程度減速した後、再び上向く見通しだ。企業投資の見通しは依然として抑制されているが、法人の心理に関する指標は、引き続き平均を上回っている」との見方を示した。

主要コモディティーの輸出価格が上昇する中、政策担当者らは経済見通しに対してさらに楽観姿勢となっていた。

第3・四半期の国内総生産(GDP)は7日に発表される予定。アナリストの間では、2011年前半以来初めて成長率がマイナスとなるとの懸念が出ている。現実となれば、豪ドル<AUD=D4>が0.7450米ドルまで下落する可能性は十分ある。

金利先物市場<0#YIB:>は、数カ月以内の利下げをあまり織り込んでいないが、利上げを見込む声も少ない。

基調インフレは1.5%にとどまっており、今後1年以上は中銀目標レンジの2─3%を下回る見通し。ここ数カ月の雇用の伸びも失望を誘う数字となっており、フルタイム職が得られずパートタイムで働く人が増える傾向にある。

10月の住宅着工許可件数は予想に反して減少し、住宅建設ブームは既にピークを越えたようだ。一方で、シドニーとメルボルンの住宅価格は上昇が加速している。

ロウ総裁はこうした傾向について、一部市場では住宅価格は大幅に上昇し、住宅融資は小幅に上向いていると指摘した。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧