ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米非農業部門労働生産性、2年ぶりの大幅な伸び

2016年12月7日

[ワシントン 6日 ロイター] - 米労働省が発表した第3・四半期の非農業部門の労働生産性(改定値)は年率換算で前期比3.1%上昇した。4四半期ぶりにプラスに転じ、2年ぶりの大幅な伸びを記録した。

ただ、伸びは市場予想の3.3%上昇にはとどかず、基調トレンドは引き続き軟調となっている可能性も示唆した。

速報値から改定はなし、前年同期比横ばいだった。第2・四半期は0.2%低下していた。

内訳の生産は3.6%上昇と、2014年第3・四半期以来の大幅な伸びとなった。速報値は3.4%上昇、前四半期は1.6%上昇だった。

生産単位当たりの報酬を示す単位労働コストは、年率換算で前期比0.7%増と、速報値の0.3%増から上方修正された。市場予想も0.3%増だった。前年同期比は3%増と、速報値の2.3%増から上方修正された。

時間当たりの労働報酬は前期比3.8%増。速報値は3.4%増だった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧