ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ユーロが反落、ECB理事会控え調整売り=NY市場

2016年12月7日

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが反落した。前日に対ドルで3週間ぶりの高値をつけたが、この日は欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて調整売りが優勢となった。

終盤のユーロ/ドル<EUR=>0.46%安の1.0713ドル。前日に11月15日以来の安値をつけたドル指数<.DXY>は反発し、終盤は0.41%高の100.50で取り引きされた。

ECBは8日の理事会で債券買い入れプログラムの期限を延長するとの見方が一般的だが、投資家の関心はECBが同時にタカ派的な姿勢を強めるかどうかに移った。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの首席国際通貨ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は「短期筋はユーロを依然として売り持ちにしている。そうした市場参加者が不安を感じ、ECB理事会を前にいくらかポジションを調整したのだろう」と話した。

ユーロのこの日の下げは基礎的諸条件が要因ではなく、前日の上昇を受けた値固めと受け止められている。

ウエストパック・バンキング(NY)のシニア外為ストラテジスト、リチャード・フラヌロビッチ氏は「ポジションの傾きが大きくなったので、いつも通りにその一部が巻き戻された」とした。

豪ドルは対米ドルで下落。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は6日の理事会で予想通り政策金利を据え置いたが、景気の先行きについて慎重な見方を示した。

終盤の豪ドル/米ドル<AUD=>は0.24%安の0.7456米ドル。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧