ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

次期米SEC委員長、ヤン元米検事正が候補に=関係筋

2016年12月7日

[ニューヨーク/ワシントン 6日 ロイター] - 関係筋によると、米国の次期証券取引委員会(SEC)委員長にデブラ・ウォン・ヤン元検事正の名前が挙がっている。

ヤン氏は現在、ロサンゼルスの法律事務所ギブソン・ダン&クラッチャーのパートナーとして、ホワイトカラー犯罪の調査やコンプライアンス関連の事案で企業側の代理人を務めている。

同氏はブッシュ前政権下の2002年、カリフォルニア州中央地区の検事正に任命された。

ニュージャージー州のクリスティー知事とは長年、友人関係にある。

ヤン氏が次期SEC委員長に就任する場合、現委員長のメアリー・ホワイト氏に続いて2代連続で元検事正がSECを率いることになる。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧