ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、ボーイングへの大統領専用機の注文取り消しを要請

2016年12月7日

[ニューヨーク 6日 ロイター] - トランプ次期米大統領は6日、新型の大統領専用機「エアフォースワン」にかかるコストは「制御不能」とし、米航空機大手ボーイング<BA.N>への発注をキャンセルするよう政府に要請した。

新型のエアフォースワンに採用されている「ボーイング747」について、トランプ氏はツイッターで「将来の大統領のための新型747の製造コストは40億ドルを超え、制御不能だ。注文をキャンセルすべき」と述べた。

同発言の引き金は不明だが、同氏の政権移行チームは納税者の負担を減らすことを意図する明確なメッセージと説明した。

また、政府予算に関する文書によると、エアフォースワン後継機に絡む費用は2015ー21年度にかけ28億7000万ドルとなることが見込まれており、トランプ氏が指摘する40億ドル超の費用の情報源は明らかではない。

ボーイングの広報担当は現時点でコメントすることはないと応じた。トランプ氏の発言を受け、ボーイングの株価は一時1%強下落。他の防衛関連請負業者の銘柄も下落した。

1943年からエアフォースワンを手掛けているボーイングは、まだ2024年までに就役する予定の後継機の製造は始めておらず、製造に向けた予算配分にも着手していない。現在は具体的な性能の決定を進めている段階という。

ボーイングの国防・宇宙・安全保障関連事業は年間で300億ドルの売上高を計上し、米軍やその他連邦機関向けの武器供給が大きな比重を占めている。同社はこれまで、特定の海外顧客との取引に利用していた米輸出入銀行の存廃を巡り議会共和党と衝突。またトランプ氏が反対している環太平洋連携協定(TPP)への支持を明らかにしている。

*写真を差し替えます。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧