橘玲の世界投資見聞録 2016年12月8日

天空の国・ボリビアで富士山より高い標高で暮らすひとびと
[橘玲の世界投資見聞録]

 トランプ騒動ですこし間が空いてしまったが、今秋に中南米カリブを旅行したときの話に戻りたい。

 ボリビアは南米のなかでは日本人に知られているとはいえないが、旅行者にとってはとても興味深い国だ。なんといってもこの国には、これまで見たことのない光景がたくさんある。

 ボリビアはブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、チリ、ペルーに囲まれた内陸国で、標高3000~4000メートルのアンデス山脈地域と、アマゾンの熱帯雨林地域に大きく分かれている。

 ボリビアにはポトシ銀山があり、スペイン植民地時代は帝国のもっとも重要な領土で、ペルー副王が統治する「アルト・ペルー(高地ペルー)」と呼ばれた。19世紀に入ると南米各地でクリオーリョ(南米生まれのスペイン系白人で、宗主国のスペイン人に従属する二級市民として扱われた)の反乱が起き、1824年にシモン・ボリバル(ベネズエラの名家に生まれたクリオーリョ)率いる解放軍がスペイン軍を破るとアルト・ペルー共和国として独立、その後ボリバルの名をとってボリビアを国名とした。

世界一標高の高い首都

 ボリビアの実質的な首都はアンデス山脈にあるラパスで、富士山山頂とほぼ同じ標高3600メートルに位置する「世界一標高の高い首都」だ。しかしここに街がつくられたのは「標高が低い」からで、ラパスの玄関口エル・アルト国際空港は標高4061メートルにある。ラパスは、アンデス山脈のすり鉢状になった底にある街なのだ。

 このようにいってもうまく理解できないだろうから、あとは写真を見てもらおう。空港からタクシーに乗ると、すり鉢の底に向かって一気に400メートルを下ることになる。

エル・アルト空港からラパスへの急坂          (Photo:©Alt Invest Com)

 

 あまりにも坂が急なため徒歩での移動は困難で、車やバスに頼るほかない。そのため近年は交通渋滞が深刻化しているが、公共交通網として登山電車を敷設するのはコストがかかるためミ・テレフェリコと呼ばれるケーブルカーが活躍している。2014年にラパスとエル・アルトを結ぶ「赤線」が開通したあと、現在は「黄線」「緑線」が加わって3路線になった。都市交通としては世界一高いところを運行する世界最長のロープウェイだ。

ラパスの公共交通を担うロープウェイ         (Photo:©Alt Invest Com)

 

 国際空港の周辺にはエル・アルトの町がある。都市化によって人口が増え、地価が上昇して郊外化が起こるのは世界じゅうどこでも同じだが、すり鉢の底にあるラパスにとって、「郊外」とは標高4000メートルの高地なのだ。

 エル・アルトの住民はインディオが多く、ここからバスやロープウェイを使ってラパスまで働きにいく。住宅は「アドベ」と呼ばれる日干しレンガのブロックでつくられているが、なぜかほとんどが建築途中のように見える。ガイドの説明によると、ボリビアでは住宅が完成した時点で税が発生するため、税金を払いたくない場合は家を完成させずにそのまま放置するのだという。

ラパスの「郊外」であるエル・アルトの町は標高4000メートルにある    (Photo:©Alt Invest Com)
エル・アルトの豪華な邸宅。右半分が建築途中で放置されている       (Photo:©Alt Invest Com)

 

 エル・アルトの町を出ると、プーナ(草原)と呼ばれる広大な高原地帯に出る。見渡す限り平坦な土地が広がるが、ここは富士山より高い標高4000メートルを超えており、アンデス山脈の巨大さには感嘆するほかない。

アンデス山脈の広大なプーナ(草原)          (Photo:©Alt Invest Com)

 

 高地に適応したボリビアのひとたちとはいえ、やはり標高4000メートルを超える生活は楽ではない。そのためひとびとは少しでも標高の低いところに移り住むようになり、こうしてすり鉢状になった地形の底にラパスがつくられた。ここでは坂を下ると高級住宅地で、貧しいひとたちは高いところに住んでいる。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
 

出版即重版決定! 橘玲氏の最新刊!2017年6月14日発売!
幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版決定!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。