ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国外準、11月末は3.052兆ドルで11年以来の低水準 5カ月連続減

2016年12月7日

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した11月末時点の中国外貨準備高は市場予想を下回る3兆0520億ドルと、5カ月連続で減少した。2011年3月以来の低水準。

減少幅は690億6000万ドルと、1月以来の大きさだった。ドルが上昇する中、当局が人民元の下支えに苦慮していることが示唆された。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は、300億ドル減の3兆0910億ドルだった。

国家外為管理局(SAFE)は、外貨準備減少について、人民銀が外貨準備の需給バランスを維持するため資金を供給する必要があったほか、資産や債券価格の変動、米大統領選を受けたドル高も要因と指摘した。

一部の市場関係者は、人民銀にとって3兆ドルは心理的な重要水準と指摘する。

人民銀は元を支えるため米ドルを売却したとみられている。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧